FOREIGNER

日本語

ゴールデンコーヒー・アワードの概要、および審査規定

ゴールデンコーヒーアワードは

自分の哲学を持ち、コーヒー文化を作っていくコーヒーロースターのための大会です。また、毎日真面目にコーヒーを炒めて、顧客と向き合う世界中のロースターを応援するための大会であり、自分のコーヒーを守っている、世界の美味しい「コーヒーロスティングハウス」を発見する 祭典の場です。2012年から着実に発展してきており、毎年ゴールデンコーヒーアワードに多くのコーヒーが出品され、評価を行って参りました。(2017年にはエスプレッソE、ミルクベースM、ハウスブレンドH、シングルオリジンSの4つの部門の400個のコーヒー、メーカー部門の43個のコーヒー、ロスティングチャンピオンシップ、ハンドドリップチャンピオンシップの2つの部門の50名などが参加する。)

第1回目の大会が開催されたとき、コーヒーロースターは一体どのように大会で競うのか多くの人々が心配しました。しかし、韓国の推進委員19人が発議して力と知恵を絞り出した結果、現在 では100人を超える審査員が大会に参加するようになりました。



ゴールデンコーヒーアワード推薦委員

カン・デヨン(マノリン)、カン・ジヒョン(ジョセフのコーヒーの木)、カン・ホジュン(ピープル)、クォン・スンバン(サンカフェ)、キム・ミヌ(コーヒーの店)、キム・テフン(カワコーヒー)、キム・ヒョンジョン(トアビン)、パク・ミンギ(木の下)、ソ・ドクシク(ソ・ドクシクコーヒークラブカルディ)、ソン・ジュビン(ジュビンコーヒー)、イ・ジョンシン(バオバブの木)、イ・チェグン(ミソレ)、イム・ギョンチュン(フルシティコーヒー)、チョン・スンイェ(コーヒー物語)、チョン・ギホン(イルサン)、チェ・ギョンホ(アルトゥーラ)、チュ・ジェホ(アリス2046)、キム・ヨンファン(テファン自動車産業)、ノ・シジョン(gtビーンズ)

2018 Golden Coffee Award 

主催:CRAK (Coffee Roasters Alliance of Korea) ·月間Coffee&Tea

主管:GCA組織委員会

大会の日程:2018年10月18日(木)~21日(日)

大会場所:aT Center(韓国ソウル市良才洞)

規定のお知らせ:月間Coffee&TeaおよびCRAK公式ホームページ {www.crak.or.kr) 




第1章. 大会の概要

主催権者のCoffee Roasters Alliance of Korea(CRAK)と月間Coffee&Teaは、Golden Coffee Award(GCA)を開催して、開催のためにGCA組織委員会を構成する。GCA組織委員会は、CRAK、月間Coffee&Tea、タイトルスポンサーとゴールドスポンサーで構成される。これに対し、組織委員会はCRAKの理事会が任命した者が歴任し、CRAKの会長が大会長を歴任する。ただし、タイトルスポンサーがいる場合は、月間Coffee&Teaと協議して大会長を招くことができる。



第2章. 大会の目的

ゴールデンコーヒーアワード大会は、歴史と伝統を重視して国内のコーヒーロースターの権益を守り、消費者である国民の健康と幸福を向上させるためにゴールデンコーヒーアワード(GCA)を開催する。 




<大会の審査分野>

1. エスプレッソ用のコーヒー豆分野(売場部門/製造会社部門)

2. ミルクベース(カフェラテ) 用のコーヒー豆分野(売場部門/製造会社部門)

3. ハウスブレンド用のコーヒー豆分野(売場部門)

4. シングルオリジン用のコーヒー豆分野(売場部門)

5. コールドブルー分野(売場部門)

6. ドリップバック分野(売場部門) 

7. ロスティングチャンピオンシップ分野(個人部門)

8. ハンドドリップチャンピオンシップ分野(個人部門)

以上の分野で2018年GCAを構成する